初心者向けのポイント

手軽さが魅力の消費者金融だけに、利用を検討する多くの人は、わりと気楽に利用したいと考えているのではないでしょうか。つまり、少額借り入れの利用です。近年は、オープンで親しみを持ちやすいイメージを打ち出すキャッシング業者も増えてきています。ですが、やはりシステムとしては借金に変わりありません。

借金といえば、漫画やドラマの世界で危険なニュアンスで描かれることの多いサービスなので、便利さに期待が持てると同時に、不安も感じる人は少なくないことでしょう。その点、お試し感覚で少額利用ができれば、どういったものか理解した上で次なる借り入れ検討が可能となります。

さて、そんな少額利用をする際にチェックして欲しいのが、最高金利についてです。消費者金融に限らず、借り入れサービスのほとんどでは金利に幅が持たされています。これは、高額借り入れであれば低い金利を、そして少額なた高めの金利を設定するための利率です。少額利用では、最高金利、もしくはそれに近い利率を設定されるのが一般的です。

金利は、借入額に関係なく業者へ支払う、いわば手間賃です。これがいかに低いかで、お得に利用できるかどうかが決まってきます。わずか1%、0.1%といった違いでも、結果は大きく異なってきます。消費者金融選びの際に、注視しておきましょう。

安心の消費者金融利用

安心感を特徴とする消費者金融でも、やはり最悪のシナリオは想像できます。少額融資とはいえ、それでもなお月々の返済ができなくなるとなれば、借金は日に日に増えていきます。さらにはブラックリストに登録され、他社からの借り入れも断られるとなれば、まったくもって首が回らなくなってしまいます。ですが、注意点をしっかり守って利用すれば、そういったリスクもゆうに回避することができます。以下のポイントを、押さえておきましょう。

たとえば、借り入れは必要最低限に抑えるということです。前述の通り、消費者金融なら総量規制に該当する年収の3分の1までの借り入れが可能です。ですが、その額すべてを借りるというのも、おすすめできません。借り入れが増えれば、その分月々の返済も増えるためです。仮に借り入れ可能な枠が大きく設定されていても、借金は必要最低限に抑えるべきです。

また、返済方法も工夫しておきましょう。一番のおすすめは、口座引き落としといえるでしょう。毎月の返し忘れを防げるので、不意に延滞してしまうといった状況も回避できます。また近所にコンビニがある場合は、24時間利用できる点を活かして、コンビニ払いの方法を押さえておくのも有効です。返済は、月々決まった日でないという点も借り入れの特徴となっています。返し忘れがないよう、気をつけることが大切です。

推奨ホームページ
消費者金融〔NOLOAN〕
(24時間どこでも返済可能な消費者金融です)